製品について

Q&A:アルデヒド消臭剤DUSHLITE「ダッシュライト」

ダッシュライトとは何ですか。
アルデヒド類の除去に特化した無機成分と有機成分をハイブリッドした消臭剤です。現在、ダッシュライトにはMとSの2製品があり、Mは親水性の(水になじみやすい)アルデヒドの、Sは疎水性の(油になじみやすい)アルデヒドの吸着を得意としています。
ダッシュライトをプラスチックに混ぜることはできますか。
有機材料を成分に含むため耐熱性に限界はありますが、(M は220℃まで、S は300℃まで) ポリオレフィンを中心とする比較的低温で成型するプラスチックには混練することが可能です。しかし、他のあらゆる消臭剤同様、プラスチックの表面に出ているダッシュライトしか消臭に寄与しないので、フィルムや不織布等ダッシュライト粒子が露出しやすい用途でのご使用をお勧めします。
ダッシュライトをフィルターに付けることはできますか。
先に述べたように不織布に混ぜて使用することができますが、剤の露出の比率から考えるとバインダーでダッシュライトを定着させたほうが非常に効率良く消臭能力を発揮させることが可能です。しかし、ダッシュライトは無機材料の中にアルデヒドを吸着する有効成分が含まれる構造であるため、無機材料の中にアルデヒドを拡散させることが難しい非常に短い時間で(1パスで)アルデヒドを除去することは得意としていません。したがって、すでに環境中に一定の量が放出されたアルデヒドを除去するには、気体を循環させてダッシュライトとの接触を高める必要があります。
ダッシュライトを繊維製品に付けることはできますか。
フィルターに加工するようにバインダーを使用してダッシュライトを繊維に定着させることが可能です。
ダッシュライトは液相(水中)からアルデヒドを吸着できますか。
ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドのような水に溶けやすいアルデヒドを吸着することは可能です。(特に親水性のダッシュライトMが得意としています)ただし、極度に強い酸性やアルカリ性においてはダッシュライトが分解してしまうため、使用を避けて下さい。
ダッシュライトは吸着したアルデヒドを放出することはありませんか。また、再利用することはできますか。
ダッシュライトの吸着メカニズムは化学吸着であるため、一旦吸着したアルデヒドを放出することはありません。(アルデヒドを一旦吸着したダッシュライトを80℃で30分加熱しても放出は認められませんでした)一方、ダッシュライトは水中からでもアルデヒドを吸着できることから、洗濯(水洗)等によって再生させることは難しいと考えられます。
商品形態は何がありますか。
粉体及び水分散体(スラリー)品がございます。

お問い合わせはこちら 電話番号:052-653-3201(平日9時〜17時)

このページの先頭へ