製品について

コンクリート用抗菌剤ZEOMIGHTY「ゼオマイティ」

見えない所だから、信頼の品質を選びたい。
コンクリート用抗菌剤「ゼオマイティ」

下水道普及率が高まるなか、既存下水処理施設の硫酸によるコンクリート腐食が問題視されています。下水中から発生する硫化水素が、硫黄酸化細菌(チオバチルス菌)の作用により硫酸を生成し、硫酸がコンクリートを腐食させます。

その対策として、当社の「ゼオマイティ」添加コンクリート(抗菌コンクリート)の採用が進んでいます。その効果は、公益社団法人日本下水道協会が策定した「下水道管路施設腐食対策の手引き(案)」に紹介されており、標準的なコンクリート腐食抑制技術として地方自治体へ幅広く供給されています。

抗菌コンクリートの技術評価や応用技術の研究を目的とした「抗菌コンクリート研究会」を組織しています。

コンクリート二次製品メーカー等50社(2016年7月末現在)の協力を得て、抗菌コンクリートのさらなる信頼性の獲得と市場開拓を率先して進めています。

「ゼオマイティ」は、(株)シナネンゼオミックが開発した、腐食の原因菌である硫黄酸化細菌の増殖を抑制するコンクリート用抗菌剤です。2000年に公益財団法人日本下水道新技術機構の「下水道技術・建設技術審査証明」を取得致しました。

腐食劣化写真

腐食劣化写真

コンクリート用抗菌剤「ゼオマイティ」5つの特長

1.簡単な製造で抜群の効果

抗菌コンクリート及び抗菌モルタルの製造は、コンクリートやモルタルの成型時にセメントに対して約1%のゼオマイティを混入するだけ。特殊な設備・工法は不要で実に簡単です。

2.優れた抗菌性で防食と衛生管理を実現

ゼオマイティは、コンクリートやモルタルの腐食の原因となる硫黄酸化細菌の繁殖を抑制して無害化します。また、人体に有害な様々な細菌に対しても有効で、衛生管理にも貢献します。

3.安全で長持ち、実に経済的

ゼオマイティ中の金属成分は、水や有機溶剤に対して不溶かつ溶出しにくく、排水規制上の問題もクリア。長期に渡り抗菌作用が持続するため従来の腐食対策に比べて、とても経済的です。

4.通常の設備でムラなく混入

セメントや骨材と比重が近似しており、さらに粒子径もセメントや混和材の粒度に合わせているため、モルタルやコンクリート練り混ぜは一般プラントで充分可能。

5.コンクリート強度をそのまま保持

ゼオマイティを混入した際のモルタル、コンクリートの圧縮強度は、無添加の圧縮強度とほとんど変わらず、安心して使用できます。

コンクリート用抗菌剤「ゼオマイティ」の構成

腐食の原因であるチオバチルス菌への抗菌作用に最も効果的な“銀・銅イオン”。しかし、銀・銅イオンは種々の化学物質に反応してしまうため、単独では使用できませんでした。

そこで当社は、“ゼオライト(無機物)”に銀・銅イオンを担持させる方法を発案しました。

ゼオライトは、酸化ケイ素と酸化アルミニウムで構成されています。安定した(SiO2)nのSiが3価元素Alに置換することで負の荷電が生じ、それを補うため陽イオン(銀・銅)としっかり結合します。ゼオマイティは、化学的、物理的に安定した構造の“銀・銅担持ゼオライト”を配合したコンクリート用抗菌剤です。

コンクリート用抗菌剤「ゼオマイティ」の「実例紹介」

  • ヒューム管、マンホール、ボックスカルバート等コンクリート二次製品
  • 現場打ちコンクリート
  • その他プレミックスモルタル等

推進管

マンホール

ミニシールドセグメント (提供:株式会社クボタ工建)

施工前

施工後 坑内状況

お問い合わせはこちら 電話番号:052-653-3201(平日9時〜17時)

このページの先頭へ