製品について

抗菌機能:銀系無機抗菌剤Zeomic「ゼオミック」

抗菌機能

消臭機能

抗ウイルス機能

「ゼオミック」の抗菌機能

人々の安心・安全への関心が高まるにつれ、抗菌剤に求められる機能や役割も多様化しています。私たちシナネンゼオミックは1984年、世界に先駆けて銀系無機抗菌剤「ゼオミック」の商品化に成功。その優れた抗菌効果と高い安全性で、暮らしに身近な食品包材や住宅建材から医療分野まで幅広いフィールドを網羅し、安全で快適な暮らしを支えています。

もっと豊かで快適な毎日へ。未来につながる抗菌文化を、私たちはこれからも世界に発信し続けます。

抗菌とは?

JIS Z 2801(ISO22196)によると、抗菌とは「製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態」と定義されています。

抗菌

細菌がついても、ある一定の時間しか生きることができない、あるいはそれ以上増殖できなくすることにより、菌にとっては住みにくい状態にすること。菌を殺したり減少させるのではなく、増殖を抑制することです。

滅菌

微生物等、増殖性を有する微生物を完全に死滅させ除去すること。主に手術で使う医療器具に使われる用語です。

殺菌

微生物を死滅させることですが、その対象や程度については定義されていません。

消毒

病原性微生物を死滅させ、害のない程度まで減らす、あるいは感染力を失わせる等して毒性を無力化させること。

除菌

物体や液体といった対象物や、限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めること。

ゼオミックの抗菌メカニズム

ゼオミックの抗菌作用は、微生物の代謝系の酵素の働きを阻害することによりもたらされます。

  1. ゼオミックの銀イオンが微生物体表面に吸着し、能動的移送によって菌体内に取り込まれます。
  2. 銀イオンが、微生物体内の代謝系の種々の酵素と反応します。
  3. 代謝系の種々の酵素の働きを阻害し、微生物の増殖を抑制します。

抗菌スペクトル

ゼオミックは含まれている銀イオンの効果によって、大腸菌、緑膿菌等のグラム陰性細菌類、黄色ブドウ球菌、MRSA等のグラム陽性細菌類、黒こうじかび、青かび等かび類の広範囲の微生物に対して抗菌作用を示します。

最小発育阻止濃度(MIC)測定結果

細菌類

試験菌株 MIC(ppm) 和名
Proteus vulgaris ATCC 13315 16 プロテウス
Escherichia coli NBRC3301 62.5 大腸菌
Pseudomonas aeruginosa IID P-1 62.5 緑膿菌
Vibrio parahaemolyticus NBRC 12711 62.5 腸炎ビブリオ
Salmonella gallinarum NBRC3163 125 サルモネラ菌
Enterobacter aerogenes NBRC13534 125 エンテロバクター
Bacillus cereus var mycoides ATCC11778 125 セレウス菌
Streptococcus faecalis ATCC8043 125 腸球菌
Escherichia coli O-157:H7 125 O-157(腸管出血性大腸菌)
Staphylococcus aureus ATCC6538P 250 黄色ブドウ球菌
Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus 250 MRSA
(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
Bacillus subtilis ATCC6633 250 枯草菌
Methylobacterium mesophilicum NBRC15688 500 メチロバクテリウム
Micrococcus flavus ATCC 10240 500 ミクロコッカス属
Moraxella osloensis ATCC 19976 200 モラクセラ菌

酵母類

試験菌株 MIC(ppm) 和名
Saccharomyces cerevisiae NBRC1950 250 パン酵母
Candida albicans NBRC1594 250 カンディダ菌
Rhodotorula glutinis NBRC 1125 500 ロドトルラ属

カビ類

試験菌株 MIC(ppm) 和名
Aspergillus niger NBRC 4407 500 黒こうじかび
Aureobasidium pullulans NBRC6353 500 デマティウム属
Chaetomium globosum ATCC 6205 500 毛玉カビ
Gliocladium virens NBRC6355 500 グリオクラティウム属
Penicillium funiculosum NBRC6345 500 青カビ
Cladosporium herbarum NBRC4495 500 クラドスポリウム属
Penicillium citrinum NBRC 7784 500 青カビ属
Alternaria alternata NBRC 31188 500 アルテナリア属
Fusarium moniliforme NHL F-616s 500 フザリウム属
Fusarium oxysporum NHL F-5009 1,000 フザリウム属
Aspergillus flavus ATCC 10836 1,000 コウジカビ属
Geotrichum candidum 1,000 ジオトリウム属、実験室分離株
Mucor racemosus NBRC 4581 500 ケカビ属
Myrothecium verrucaria NBRC 6113 250 マイロテシウム属
Penicillium nigricans NBRC6103 1,000 青カビ属
Paecilomyces varioti 1,000 パエシロマイセス属、実験室分離株
Rhizopus nigricans 250 クモノスカビ属、実験室分離株
Trichoderma viride NBRC 31137 1,000 トリコデルマ属
Curvularia trifolii NBRC 7276 250 クラブラリア属
Trichophyton mentagrophytes NBRC 6202 500 白癬菌

MIC : Minimum Inhibitory Concentration
被検薬剤の適当倍数希釈を含む最小濃度(ppm)をMICと呼ぶ。この濃度以上では供試菌は発育しない。
MIC値では静菌状態にあるとみられる。

MICは抗菌剤の製品への必要添加量と同一では無い(効果の優劣を比較するための尺度の一つ)

「ゼオミック」の耐性獲得試験結果

ゼオミックに対する耐性獲得試験では、黄色ブドウ球菌、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、緑膿菌の継代培養を繰り返した結果、最小発育阻止濃度はほとんど変動がありませんでした。

ゼオミックの耐性獲得試験結果 MICの測定結果(濃度単位:ppm)

試験回数 黄色ブドウ球菌 MRSA 緑膿菌
1 250 500 200
2 500 500 200
3 250 250 100
4 250 250 200
5 250 250 100
6 250 250 100
7 250 250 100
8 250 250 200
9 250 250 100
10 250 250 200

「ゼオミック」含有ポリエステル布のMRSAに対する抗菌効果

試料

  1. 綿布(対照)
  2. 抗菌ポリエステル35%使用布地
  3. 抗菌ポリエステル65%使用布地
  4. 抗菌ポリエステル65%使用布地

方法

MRSA菌液(104/ml)を普通寒天培地に塗抹し、その上にゼオミック添加ポリエステル布地(抗菌ポリエステル混合布)を添付接触させた。37℃で24時間培養し、その後布地を除いて培地表面を見たもの。

結果

実験結果より、ゼオミック添加ポリエステル布地面ではMRSAは死滅している。
MRSAは院内感染を引き起こす主要な細菌の一つである。 MRSAにも抗菌効果が認められたことは、病院内における抗菌対策にゼオミックが有用であることを示している。

方法

MRSA菌液(104/ml)に試験布地片を漬け、引き上げた後6時間放置、その後普通寒天培地に試料を接触させた培地を37℃で24時間培養した。

結果

ゼオミック添加ポリエステル布地上では6時間接触後には菌の発育は抑制されている。

抗菌性能試験データ

ゼオミックは抗菌性を示す銀イオン等が骨格構造の内部に結合して安定化しています。水、溶剤等によって溶出することはほとんどなく、抗菌作用は長期に渡って持続します。

プラスチック

抗菌活性値2.0以上(99%以上の死滅率)で効果があると定義されている。

PPプレート(試験方法 JIS Z 2801:2010)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 抗菌活性値 生菌数 抗菌活性値
無添加 9.3×102 1.3×105
ゼオミック0.5% 検出せず >3.1 検出せず >5.3
ABSプレート(試験方法 JIS Z 2801:2010)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 抗菌活性値 生菌数 抗菌活性値
無添加 8.7×104 1.8×106
ゼオミック0.5% 検出せず >5.1 検出せず >6.5
PEフィルム(試験方法 JIS Z 2801:2010)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 抗菌活性値 生菌数 抗菌活性値
無添加 2.9×103 5.8×105
ゼオミック0.5% 検出せず >3.6 検出せず >5.9
PEまな板(試験方法 JIS Z 2801:2000*大腸菌)
試験体 1ヶ月使用後 4年使用後
生菌数 抗菌活性値 生菌数 抗菌活性値
無添加 4.3×105 7.1×105
ゼオミック0.5% 検出せず >4.6 検出せず >4.8

塗料

抗菌活性値2.0以上(99%以上の死滅率)で効果があると定義されている。

アクリル塗料 (試験方法 JIS Z 2801:2010)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 抗菌活性値 生菌数 抗菌活性値
無添加 1.6×103 4.1×103
ゼオミック0.5% 検出せず >3.4 検出せず >3.8
粉体塗料(試験方法 JIS Z 2801:2010)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 抗菌活性値 生菌数 抗菌活性値
無添加 4.4×104 3.1×105
ゼオミック0.5% 検出せず >4.8 検出せず >5.6

繊維

マスターバッチ練り込みポリエステル綿(JIS L 1902:2002)
試験体 黄色ブドウ球菌
生菌数 殺菌活性値
未加工 2.1×106
ゼオミック練り込み2.0%品 検出せず >2.93
ゼオミック2.0%品/綿=50/50 検出せず >2.93
綿布(試験方法 JIS L 1902:2002)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 静菌活性値 生菌数 静菌活性値
未加工 2.5×106 2.1×107
ゼオミック0.5% 検出せず >5.09 検出せず >6.02
PP不織布後加工品(JIS L 1902:2002)
試験体 黄色ブドウ球菌 大腸菌
生菌数 殺菌活性値 生菌数 殺菌活性値
未加工 3.7×106 5.5×107
ゼオミック0.5g/m2
加工品
検出せず >3.11 検出せず >3.11

「ゼオミック」の防臭機能

ゼオミックは細菌の増殖を抑制することにより、細菌の代謝物に由来するガス類の発生を抑制することが可能であり、防臭効果が期待できます。

お問い合わせはこちら 電話番号:052-653-3201(平日9時〜17時)

このページの先頭へ