製品について

Q&A:銀系無機抗菌剤Zeomic「ゼオミック」

ゼオミックは銀ですか。
ゼオミック=銀ではありません。 人工鉱物であるゼオライトに、銀イオンを担持したものです。 ゼオミックの一部として、銀イオンを含有しています。
ゼオミックの安全性について教えて下さい。
ゼオミックは国内外の公的専門試験機関にて各種毒性試験を実施しており、高い安全性を確認しています。
ゼオミックは液体(水、有機溶媒)に溶けますか。
ゼオミックは微細な無機化合物で、水にも有機溶媒にも溶けませんが、分散させることは可能です。無機顔料(酸化亜鉛等)と同様に扱うことが可能です。
粒径に関して、標準品よりも大きいものや小さいものはありますか。
汎用グレードは平均粒径2.5μm程度ですが、大きいもので10μm程度、小さいものでは1μm程度のグレードをご用意しています。
ゼオミックの抗菌性能は、永久的に続くのですか。
永久的ではありませんが、消費される銀は非常に微量なので、長期に渡って抗菌性能は続きます。
抗菌の試験方法はありますか。
JIS規格(ISO規格)があります。また、当社はJNLA認定機関です。
ゼオミックを製品に添加した場合、どのように抗菌効果が発揮されますか。
製品の表面に露出しているゼオミックに微生物が接触することで、はじめて抗菌効果が発揮されます。よって、ゼオミックが製品表面に露出するよう、均一に分散させることが重要となります。
食品接触用途にも使えますか。
使用は可能です。FDA認可を受けているグレードもあります。
日本の食品衛生法に準じていますか。
日本の食品衛生法の中で、抗菌加工の有無に限らず、食品に接触するポリマー製品を用いて、厚生省370号試験(昭和34年に示された食品添加物等の規格基準)を実施して、規格に合格することが求められます。 使用に際しては、厚生省告示370号試験を実施し、規格内であることを確認して下さい。
ゼオミックを消臭剤として用いたとき、悪臭物質を吸着し続けると、どの位まで消臭性能が続くのですか。
ゼオミックの消臭メカニズムは物理吸着及び化学吸着ですので、飽和した場合は消臭能力は無くなります。ただし、人間が感じる悪臭の閾値(いきち)は非常に濃度が低く、飽和に達するには時間が掛かることが推察されますので、長期に渡り消臭効果は持続すると考えられます。
ゼオミックはどのようなプラスチックや塗料に添加できますか。
ゼオミックは、無機顔料(色)と同じ扱いで添加することができます。 つまり、無機顔料(色)を添加できるプラスチックや塗料であれば、 同じ方法でゼオミックを添加できます。
ゼオミックを添加すると、プラスチックの強度は低下しますか。
抗菌性能を発揮するために必要なゼオミック添加率は1%前後ですので、 プラスチックの強度を低下させる可能性は低いと考えられます。
銀系抗菌剤ですが、変色しますか。
使用する樹脂、添加剤により変色が発生する可能性があります。ただし、多数のグレードの中から最適なグレードを提案し、変色を抑えた製品の開発を共同で進めていきます。
品番表はありますか。
品番表はございません。用途・基材等に合わせ、100種類以上の品番から適切な品番を都度営業担当よりご紹介させて頂きます。お問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームよりお願い致します。
製品の取り扱いについて教えて下さい。
保管方法の項目をご参照願います。
ゼオミックの形状を教えて下さい。
ゼオミックは無機粉末ですが、様々なニーズにお応えするために用途にあった形状をご用意しています。
粉体、プラスチック粒状体(マスターバッチ)、水分散体(水スラリー)、セラミック粒状体(造粒品)、破砕品(天然ゼオライト)等がございますので、用途に最適な材料を供給致します。
ゼオミックの硬度について教えて下さい。
モース硬度スケールで3〜4に相当します。

お問い合わせはこちら 電話番号:052-653-3201(平日9時〜17時)

このページの先頭へ